終活でもポイントになる遺産相続問題

自分らしく生きる、死ぬということ

自分らしく生きるのも大切ですが、自分らしく死ぬことも大切です。そこで近年、婚活や就活以上に人気があるのが終活です。
終活とは、人生の終わりに向けて、前向きに準備することで、よりよく今を生きる活動です。
世界一の長寿国である日本で、少子高齢化は進んでいます。また、不況で経済的にも厳しい日本で自分のエンディングに不安を覚える人が増えてきました。そして、仕事に忙しい我が子や孫に負担をかけたくないという思いから、終活という言葉が生まれたのでしょう。

終活という日本独自の取り組み

そんな不安から生まれた発想が、今では自分のエンディングの理想やそれを考えることができる楽しみ、我が子や孫に不安をかけずにすむ安心感になり、残された家族への思いやりという言葉に生まれ変わりました。
終活には、自分の気持ちを整理するメリットがあります。
終活は、残された大切な人や家族に伝えたいことを明確にしていくことや、現実問題として葬儀の手配や遺産相続の問題などについて、あらかじめ手を打つことができます。自分の死後、残された家族が、遺産相続で仲たがいをしたり、酷い時には骨肉の争いになる可能性もあるのです。しかし、あらかじめ、正式な遺言書を作成することで、そのような争いを少なくすることができるのです

終活はもめ事を避けるアドバイスの集大成

終活は自分のためにも、残された家族のためにもメリットがあるのです。
誰もが「納得のいく人生を送った」と、思い旅立ちたいはずです。しかし、終活をしていないと現実はなかなか難しいもので、思ったようにはいかないものです。こういった実感を持って進めていくのが遺産相続や自分の葬式をどうするかなどを決める終活なのです。残りの人生を悔いなく生きるため、残された家族に負担をかけないため、終活できちんと、遺産分割をしてみませんか。