遺産相続の相続人の規定について

知っているようで知らない遺産相続

遺産相続とは、亡くなった人の遺産を受け継ぐことです。このことは、誰でも知っていることでしょう。しかし、この先を知らない人もいることでしょう。遺産を受け継ぐ人を相続人と言いますが、相続人には民法上、規定があります。
相続人になり得る人は、配偶者、子・孫・ひ孫、父母・祖父母、兄弟姉妹です。配偶者は夫、もしくは妻のことですが、婚姻関係がなければ相続権はないことになっています。子・孫・ひ孫の相続権ですが、子が存命ならば子に相続権があり、子が亡くなっているのならば孫、子も孫も亡くなっているのならば、ひ孫に相続権があるということになります。父母・祖父母も同様で、父母が存命ならば父母に相続権があり、父母が亡くなっている場合、祖父母に相続権が発生することとなります。民法では、子・孫・ひ孫を直属卑属、父母・祖父母を直属尊属と呼びます。

相続人の順位について

そして、相続人には順位があり、最も順位が高いのが配偶者であり、次いで、直属卑属、直属尊属、兄弟姉妹の順になります。配偶者、及び、直属卑属には常に相続権があります。配偶者と直属卑属の相続権は、半分半分です。配偶者の相続権は常に半分であり、直属卑属が複数いる場合、例えば2人ならば、1人の相続権は半分の半分、全体でいうと4分の1ということになります。但し、配偶者がいない場合には、すべての相続権は直属卑属にあります。

直属相続人がいないと話は複雑となる

直属卑属がいない場合、直属尊属に相続権が発生し、直属卑属も直属尊属もいない場合、兄弟姉妹に尊属権が発生します。配偶者もいない場合は、直属尊属、兄弟姉妹が、すべての相続権を得ることになります。しかし、配偶者がいる場合の相続権は、直属尊属の場合は3分の1、兄弟姉妹は4分の1となります。もちろん、直属卑属同様、複数いれば、その頭数で相続権を割ることとなります。
これが、民法で定められた相続人、及び相続の規定です。但し、遺言書があるのならば、遺言書が優先されることとなります。