相続税とはどのような税金なのか

相続税の特徴と範囲

相続税とは、簡単に言うと文字通り相続した材産にかかる税金の事です。
ですから、だいたい子が親から財産をもらって何で税金を納めなければ、って思った人はたくさんいるでしょう。
納付しなければいけないのは、財産を相続した法定相続人はもちろんの事、それ以外に、故人の遺言で故人本人の財産を特定の人に無償で与える遺贈を受け取った受遺者も納税の対象になります。

土地や証券など有形無形の財産が対象です

では、課税対象となる財産は、故人が死亡した時点で所有していた土地や建物、預貯金や株式、事業用財産や家庭用財産など相続や遺贈によって取得した財産、医一定以上の額の生命保険金や退職金、慰労金といった相続や遺贈で取得したとみなされる財産、そして、相続開始前3年以内の贈与財産の3種類です。
しかし、最後のは、既に贈与税を納付していれば、その分は差し引かれます。

相続税の納め方と基礎控除

最初に、この税金は相続した財産にかかってくる税金ですが、相続をしたら必ず納めなければいけないかというと、そうではありません。
実は、ある一定額以上の財産を受け取らなければ、納付しなくてもいいのです。
どういう事かというと、相続税は相続財産から一定の金額を差し引き、残った金額に対して課税をします。
この一定金額の事を基礎控除額といいます。
この基礎控除額は、相続人の人数に600万円をかけて、その金額と3000万円を足します。
つまり相続人が1人であれば、基礎控除額は3600万円、2人であれば4200万円というように、その後も相続人が1人増えるごとに、600万円増加していきます。
従って、相続した財産の額がこの基礎控除額を下回った場合、課税対象となる財産は無いので、納付し泣けても良い事になります。
大抵の場合、この基礎控除額を下回る場合の方が多いものです。