知っておきたい遺産相続のこと

遺産相続はみんなの問題です

相続の問題は自分とは関係ない、そうお思いの方は多いのですが、実際には大多数の人が、遺産の相続人であるはずです。
ですから、ほとんどの人は今後、遺産を相続する機会が訪れることになります。であるにもかかわらず、遺産相続の知識があまりないというのでは、いざというときに困るのではないでしょうか。

遺産は相続したり、しなかったり、選んだりできる

遺産は相続するばかりではなく、相続しないこともできます。そして、限定的に相続することもできます。一般的な遺産相続を、単純承認と言います。対して、遺産を相続しないことを相続放棄と言い、限定的に遺産を相続することを限定承認と言います。
なぜ、三様の相続方法があるのかというと、遺産が資産と債務で形成されているからです。遺産は資産だけと思っている人もいるかもしれませんが、債務も遺産なのです。ですから、単純承認という相続方法は、資産も債務も一緒に相続するということなのです。もちろん、債務がなければ、単純承認でも資産だけを相続することになります。相続放棄は単純承認の逆であり、資産も債務も一切相続しないこととなります。
限定承認は、資産のみを相続する相続方法です。但し、債務が御破算になるというわけではないのです。債務者が亡くなったとしても債務を返済する必要がありますから、限定承認で相続できる資産は、債務返済後に残った資産のみとなります。

相続を選ぶことができる期間は限られている

単純相続に手続きは必要ありませんが、相続放棄と限定承認は、その旨を家庭裁判所に伝える必要があります。その行為を申述と言いますが、申述期間は決められており、その期間とは、相続が開始したことを知った時から3ヶ月以内です。そして、申述が受理されると、基本的に撤回は不可能です。
また、相続人が複数いる場合、相続放棄は単独でも行うことができますが、限定承認は相続人すべてが限定承認である必要があります。つまり、1人でも限定承認に反対する人がいると、限定承認を行うことはできなくなります。但し、同意しない人が相続放棄を行うのであれば、残りの相続人で限定承認を行うことは可能です。