遺産相続の際の相続人同士の話し合いについて

話し合いをスムーズに進めるために

4つのビルディングがある風景亡くなった人が複数の財産を残しているというようなときには、相続人の間でしっかりと話し合いをする必要があります。
そして全員が納得する形で進めていくと言うことが重要になります。
これが後でトラブルが発生しないための基本です。

遺産分割協議の基本は相手の意見を聞くこと

遺産相続に関して話し合いをすることを遺産分割協議になりますが、どのような話し合いの際にもお互いの意見を聞くという姿勢は基本となります。
中心的な役割となる人は他の人の意見を聞く姿勢を忘れないようにします。
ここでは最終的な結論をいきなり提示するのではなく、順序を追って進めていくと言うことが大切です。

話し合いは冷静に仕切る人が必要になる

中心的な役割を果たす相続人は、すべての相続人と会って意見を聞きます。
個人で会うという方法もありますが、全員で会うという方法もあります。
しかし何か主張したいことがあるというような人がいる場合には、個別で会う方が良いです。

法律の専門家にも協力していただきましょう

また問題が発生しないために、あらかじめ相続についての専門知識がある行政書士の話を聞いて話し合いの進め方を聞いておくと安心です。
また遺産分割協議の方法については、原案を作っておくと話し合いがスムーズに進みます。
ここで想像人全員が集まって、作成した遺産分割協議の原案を確認し、意見を出しての話し合いを行います。
しかし意見がまとまらないこともあります。
この場合には個人的に行政書士などを交えて、話し合いの場を設けるようにします。
生前贈与財産や見なし相続財産というものがありますが、これらは民法と相続税法とで考え方が違いと言うことを頭に入れておきます。
そして生命保険金は基本的に遺産分割の対象とはならないこともあわせて頭に入れておきます。
また亡くなった人が残した借金など負の財産に関しても確認しておくようにします。